求人内容・契約内容と実際の仕事が違う場合の対応

  1. TOP
  2. 職場に入ってから
  3. 仕事内容が違う実例
  4. 実際の仕事が違う場合の対応

「求人内容」と違っても、強いことはいえない。が、「契約」と違う場合は法律の後押しがある


工場派遣で、求人募集の時の仕事の内容、あるいは契約時に説明された仕事の内容とが違う場合が、ままあります。

実際に私が電子部品工場に行った時もそうでした。求人では「目視による簡単な検査」が、実際は完全な肉体労働でした。

【労働者派遣法を軽視する・まったく知らない……だって珍しくない】


まず、なぜこういうことが起こるかです。

①人材派遣会社がいい加減。

法を守る意識がない。過去に文句を言った派遣スタッフがいないので、「こんなものでいいと思っている」……といったところでしょう。

②派遣先の企業がいい加減。

法を守る意識がない、「こんなものでいいと思っている」というのは、人材派遣会社と同様でしょう。

③実際の現場の人間が労働者派遣法を知らない。

派遣スタッフで働きに行くと、あなたに作業の指示をするのは、当然その職場の人間です。

あなたが「ほんの少し前まで労働者派遣法に興味がなかった」それ以上に、興味がないかもしれません。というよりも、その方が普通でしょう。

「契約に作業内容がどう書かれているか」を知らない、あるいは、「そういった取り決めがある」ということさえ知らない、という可能性も高いでしょう。

もっと知る
それでも人材派遣会社を利用するなら

「求人内容と実際の仕事内容が違う」などのトラブルは、「どうせその程度のもの」と割り切る


あまりにひどい派遣先に当たったら、法律を使って堂々と退職する。基本となる法律は目を通しておく
非正規(パート・アルバイト、派遣社員)から正社員になるには

非正規雇用は長くは続けない。20代で一度は正社員とならないと、新人教育を受ける機会を逃す


就職サポートは担当者次第。業者の評判がいい悪いには関係なく、ハローワークまで含めて、信頼できそうな担当者を探す

コメント

よく読まれている記事

派遣先を辞めるのに自分を責める必要はない。“ブラックリスト”はないが、バックレはNG

人材派遣で、行った初日から辞めたくなる理由

「使えない派遣社員をやめさせたい」は、だれにいえばいいのか

3直2交代・4勤2休の具体的な勤務スケジュール表と、そのメリット・デメリット

ブラックリスト そんなもの人材派遣・バイト・パートにはありえない