投稿

8月, 2014の投稿を表示しています

派遣社員としての働き方①

イメージ
TOP経験からのアドバイス派遣社員の働き方働き方①無理をしすぎていても、だれも止めてくれない。気づいてくれない
派遣社員として、職場ではどのように働けばいいのでしょうか。違う言い方をすれば、どの程度がんばればいいのでしょうか。

先に申し上げたように、派遣先も派遣元もあなたのがんばりを評価をするシステムは持っていません。

しかも正社員と違って、周囲には、あなたを採用したことの責任を持つ人間も、あなたを労働力として育てたことで責任を持つ人間もいません。孤立無援です。

【「がんばりすぎ」で、へとへとになっている人も多い】
この問題を考えるには、「こういった働き方は失敗」というのを挙げてみましょう。

「がんばりすぎる」です。

何度も申し上げるように、派遣社員に対する評価システムはありません。おそらくは、「あなたがこなすべき作業量や仕事内容の質」もちゃんと考えられたものではありません。

しかも、あなたは部外者なので、興味を持ってしっかり見ていてくれる人などいません。なので「なにはともあれ、まず始めてみる。それで様子を見て、あとから考えてもらう」ということも期待できません。

続きを読む 折りたたむ

【現状でもこなせない作業量を、二倍にさせられかける】
私の時の例でいうと、担当していた製品の検査作業が、すでには破たんしていました。その作業班の責任者の指示で、工程飛ばしをしていました。やってもいない検査をしたことにして、書類にハンコを押し、出荷していたのです。

にもかかわらず、派遣先の指揮命令者は、「今一人で一台動かしている検査機を、二台同時に動かせないか」といってきたぐらいです。

無理にでも数値化していうと、「今実際にできる作業量」が「0.7」。「現場の正社員らで、次長(指揮命令者)をダマして、やっていることにしている作業量」が「1.0」といったところです。それを、丸まま倍ではないにしろ、「1.7」とか「1.8」をこなせ、といってきた感じです。

つまり、現実の作業量「0.7」。指揮命令者の期待する作業量「1.8」です。

面と向かっていえるわけではありませんが、「アホか」です。

【「そこまでやらなくていいよ」なんて、だれもいってくれないぞ】
この「1.8」ぐらいのプレッシャーにさらされている派遣社員は多いでしょう。

それにこたえるのは、現実に無理です。短期間は何とかなっても、いずれ調子を崩…

職場を見にこない!? 派遣会社の担当者

イメージ
TOP経験からのアドバイス派遣社員の働き方職場を見にこない担当者がんばりすぎると、自分が損するだけ?
先に「人材派遣では、仕事ぶりを評価するシステム自体がない」という話をしました。

「派遣社員には、昇給、昇進、ボーナスがないので評価する必要がない」からです。そもそも派遣先にとっては、「自分のところの人間」でさえありません。

では、「自分のところの人間」として送り込んだ人材派遣会社(派遣元)はどうしているのでしょうか。

【5か月いて、職場で派遣会社の担当を見かけたのは一度だけ】
最初のあいさつ(という名の「事前面接」)などを除き、私が派遣元の担当者を派遣先の工場内で見たのは一度だけです。5か月いたのに、です。

しかも、「私に会いに来た」というのではなく、たまたま通りがかっただけ。距離があったので、互いに頭をちょこんと下げて、声も出さずにあいさつしただけです。

初めて派遣労働をした私にはこれは全く意外でした。

本来は人材派遣会社が責任を持って送り込んだ人間のはずです。無関心でいられるはずがありません。「ちゃんと勤まっているかどうか、しばしばチェックに来るだろう」というのが事前の予想でした。

続きを読む 折りたたむ

【人材派遣会社はあなたの働きぶりには興味がない】
が、これはどうやら例外ではないようです。というよりも、「様子を見に来た」なんて話は聞いたことがありません。「担当者の顔を見るのは、給料を受け取りに行くだけ」なんて人も多いようです。振り込みにしておくと、それさえありません。

このあたりや、私の時の担当者の話から考えて、派遣先と人材派遣会社で、すでに送り込んだ派遣社員について、連絡を取り合うこともなさそうです。

【派遣料金は、仕事のできる人でもできない人でも同じ金額】
ここまで無関心になれる大きな理由は、「送り込んだ人間が仕事ができようができまいが、派遣料金は同じ」だからでしょう。「派遣料金」とは派遣先が人材派遣会社に支払う代金です。あなたがもらう時給の1.5倍程度が一般的です。

つまり、派遣先が1,500円払ったら、500円を人材派遣会社で抜き取り、あなたには1,000円が来ることになります。

この「1,500円」が、あなたがどんな働きぶりでも、当初に契約したままです。途中で変更されることはありません。

【おそらくは派遣先とも派遣社員とも接触を避けている】
逆に送り込んだ…

職場で役に立っていなくても、派遣会社はやめさせない

イメージ
TOP職場に入ってから契約期間中の辞め方派遣契約を勝手に更新される役に立っていなくても、やめさせない働きぶりを評価するようには、なっていない人材派遣
正社員と派遣社員の違い……たくさんあるでしょう。

その中でわりと見落とされているのが、「正社員には勤務評定があるが、派遣社員にはない」ということです。派遣社員は仕事ができようができまいが、その人個人としての、まともな記録が残らない……ということです。

【派遣社員の仕事ぶりへの批判が多いのも事実】
「今度うちに来た派遣さん、全く使えない」……こんな声はたくさん聞きます。

正社員の側も相当にフラストレーションがたまっているようなネット上の書き込みもたくさん見ます。実際に私のこのサイトのコメント欄でも、「使えない連中もいました……ミスも何も最後は社員で後始末……」といった話も見られます。

「時給1,000円やそこら。経営者側からしたら、人件費は3分の1以下。それで満足の行く労働が提供されると思っているのならば、その方が問題」とは思います。

続きを読む 折りたたむ

【「もう無理です」といいながら勤める人たち】
一方、派遣社員の側でも、「職場が合わない」「自分ができないような種類の仕事を任されている」……そういったことで不安を抱えている人がいっぱいます。

さらには、「職場のストレスで、心身ともガタガタ」という人もいます。中には半病人どころか、本当に病気になって、通院しながらも、「契約を覆すわけにはいかない」としがみついているような人もいます。

当然、「まっとうに働けていない」ということが想像できます。こういう状況の申告はたいてい派遣社員側からの話です。もっと正直にいうと「全く職場で役に立っていない」というところまでいっている人もいるでしょう。

が、「派遣会社から切られた」という話は、まずは聞きません。もちろん、派遣会社側も契約があるので、一方的に解雇することはできないのですが……

たいていは逆の話です。「『もう無理です』とやめさせてもらおうと、言いに行った。が、どうしてもやめさせてもらえない」という話ばかりです。

ここにこの人材派遣というシステムの異常さが現れています。

たとえ職場では役に立っていないレベルにまでなっている人間でもやめさせないのです。どれだけ、本人が辞めたがっていても、です。

【人材派遣では評価システムがない】
これが正…