人材派遣で、契約内容と実際の仕事が違う実例① マンパワー

  1. TOP
  2. 職場に入ってから
  3. 仕事内容が違う実例
  4. 実例①マンパワー

業界最古の業者でも、労働者派遣法違反の常習犯

「求人内容・契約内容と実際の仕事が違う」というのは、決して珍しくありません。

ネット上を見れば、その理由で「すぐにやめたい」という投稿者の相談は無数にあるでしょう。

が、相談が目的なので、その詳細はなかなか分かりません。

なので、「内容も信用できるもの」ということで、厚生労働省が処分を発表したものから、いくつか例を見てみます。

【是正指導41件でも改善されず、とうとう事業改善命令】


まず、「マンパワー・ジャパン」(横浜市西区)が、神奈川労働局から、平成22年(2010年)6月に「契約と実態が違う」などとして、事業改善命令を受けた件です。

処分の対象となった人材派遣は、①平成18年7月~22年3月の東京都内、②21年10~22年3月の広島の、二件あります。

これは文字通り、氷山の一角です。この事業改善命令の前に、平成16年4月以降、同様の違反で41件の是正指導を受けています。

完全な常習犯・確信犯と考えていいでしょう。

それでも人材派遣会社を利用するなら

「求人内容と実際の仕事内容が違う」などのトラブルは、「どうせその程度のもの」と割り切る


あまりにひどい派遣先に当たったら、法律を使って堂々と退職する。基本となる法律は目を通しておく
非正規(パート・アルバイト、派遣社員)から正社員になるには

非正規雇用は長くは続けない。20代で一度は正社員とならないと、新人教育を受ける機会を逃す


就職サポートは担当者次第。業者の評判がいい悪いには関係なく、ハローワークまで含めて、信頼できそうな担当者を探す

コメント

よく読まれている記事

派遣先を辞めるのに自分を責める必要はない。“ブラックリスト”はないが、バックレはNG

人材派遣で、行った初日から辞めたくなる理由

「使えない派遣社員ばかり来る」のは、あなたの会社の無能を反映している

「使えない派遣社員をやめさせたい」は、だれにいえばいいのか

派遣契約を勝手に更新される。あなたの期間終了はだれにとって痛手か