投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

「契約更新しないといってあったのに」「契約と仕事内容が違う」のを押し切られるのは、なぜ?

イメージ
TOP職場に入ってから契約期間中の辞め方営業さんに話を押し切られるのは人材派遣会社を相手にするときは、必ず「言質を取る」このサイトにコメントを寄せてくれた人とのやりとりや、よそのサイトにも書かれていることで、いつも不思議に思っていることがありました。

「契約更新しないといってあったのに、勝手に更新されていた」ということがしばしば起きているのです。

何でそんなことを許してしまうのか???

「ほとんど詐欺師かヤクザのような営業さんに手玉に取られている」といえばそれまでです。

「それにしても……」と、状況をいろいろ想像しているうちに、「こういった派遣社員たちは『言質を取る』ということ知らないのだ」で説明がつくような気がしてきました。

【「言質」とは】・約束が守られない時に必要になる「言質」
「言質(げんち)」とは「言葉の人質」という意味です。辞書には「後に証拠となる言葉」といったように出ています。

「口約束」に近いような意味です。ですが、それよりも強い面を持っています。

もし相手が約束を守らなければ、「言質を盾にとって、約束を守らせる」といったことだってやります。

続きを読む 折りたたむ

・子どものケンカにも出てくる
あまりなじみのない言葉かも知れません。ですが、実は子どもだって、その存在は気づいています。

口ゲンカでのお決まりのフレーズに、「私がいつ、そんなことをいった? 何時何分、どこで、なんていったか、ちゃんといってみろ」なんてものがあります。

実はこれは、「私は言質を取られていない」ということの確認です。

「自分は“人質となるような言葉”をお前に与えてはいない。だから、責任をとったり、要求をのむことをしない」ということです。

【営業さんとの話には、言質を取る】・用心しなければならない相手との話には必要になる
「契約更新しないといってあったのに、勝手にされていた」と押し切られてしまう……

体調が悪いので辞める話をした。「代わりの人が見つかれば辞めていい」と聞いていたのに、営業さんは忘れていた……

契約内容と違うので、文句をいったが、音さたがない……

派遣会社との行き違いや、派遣会社側の誠意のない対応はいくらでも例があるでしょう。誠意のないやつを相手にするほど必要になるのが、「言質」です。

・言質を取ろうとしていないのがわかるから、なめられる
こういったようにウヤムヤにされて…

派遣社員・パート・バイトのバックレと損害賠償

イメージ
TOP労働者側がどんどん不利になるわけ人材派遣と国・産業界バックレと損害賠償「簡単に辞められたくなかったら、正社員を雇っておく」は、雇用者・使用者側の当然の心得
バックレをやってしまった人、バックレをしようかと考えている人が、気になるのが……

①相手が仕掛けてくる電話攻勢を逃げ切れるか
②損害賠償を請求されないか
③業者間に出回っているという“ブラックリスト”に載ってしまって、よその業者にも雇ってもらえない

……といったところでしょう。

これらは派遣社員に限らず、パート・アルバイトでも心配する人もいるでしょう。ですが、特に派遣で多いです。

というのは、派遣の場合、求人内容が全くの嘘であることが当たり前になっています。職場を見てから初めて、「だまされた」と気がつく人がたくさんいます。「逃げ出したい」と思うのは無理のないところです。

派遣社員にとってバックレは、パートタイマー・アルバイター以上に、変な意味で“身近”な問題なのです。

【具体例があるのは、「電話攻勢」だけ】・損害賠償はビビっている人の話ばかり
この3つ、あきらかな違いがあります。

①の「電話攻勢」は現実にあります。私の周りでもありましたし、ネット上を見れば無数に具体的な話がみつかるでしょう。

が、②の「損害賠償」は具体例を聞いたことも見たこともありません。「そうなるのではないか」とビビっている人の話ばかりです。

続きを読む 折りたたむ

・だれも見たことがない「ブラックリスト」
③の「(業者間でやりとりしている)ブラックリスト」も同様です。「載るらしい」「載ったら困る」というだけで、「ブラックリストを見た」とか「ブラックリストを持っている」という人の話はゼロです。

これだけ、人材派遣会社の「営業さん」たちも暴露話を公開しているのにもかかわらず……です。

まあ、こういった話をしてしまうと、そのうち偽物の営業さんが登場して、「おれは持っている」とでも、いいそうではありますが。

【法務省HPの判例集でも出てこない損害賠償】・採り上げられているのも、勘違いだったり、具体性がなかったり
損害賠償に関しては、まれに、「損害賠償を求めて、人材派遣会社が裁判を起こした例が1件ある」といったような記述もあります。

が、こういった場合でも、その具体的な内容は書かれていません。中にはあきらかに、「正社員のバックレ(無断退職)」の例と混同し…

派遣先を辞めるのに自分を責める必要はない。“ブラックリスト”はないが、バックレはNG

イメージ
TOP職場に入ってから契約期間中の辞め方辞めるのに自分を責める必要はない辞めさせないのは「契約があるから」ではない。あなたが派遣会社には「金ヅル」だからです
ネット上の相談コーナーを見ると、「仕事がきつすぎる」「求人内容と実際の仕事が全く違う」「職場の雰囲気が悪い」「人間関係にうんざり」など様々な理由で「辞めたい」という話がいくらでもあります。

「出勤初日から、もう行く気がなくなった」だって、決して珍しくありません。

こういった相談を持ちかける人に共通するのは、「契約違反ならないか」「人材派遣会社に迷惑を懸けることになるのでは」という心配をしていることです。

たいていは、自分自身を責めるような雰囲気です。

「人材派遣会社はヤクザがやっていると聞く。危ない目に遭わないか」と考える人だっています。

【あなたが辛い思いをして1,000円稼ぐたびに、何もしていない人材派遣会社に500円近く入る】
・あなたが期待を裏切ったわけではい

自分を責める必要はありません。理由は簡単です。

人材派遣会社はあなたと職場のマッチングをするのが仕事です。あなたがよくない状況にあるのは、マッチングの失敗だからです。

つまり、「環境のよくない職場にあなたを送り込んだ」か、「その職場には合わないあなたを選んでしまったか」が、今の状況です。

というよりも、マッチング自体をしていません。

あなたの仕事能力は、形ばかりのスキルチェックをしたか、それさえなかったのではないでしょうか。さらに、あなたの職場に関する希望や抱えている不安も無視する……というのが、一般的な人材派遣会社です。

続きを読む 折りたたむ

・なにもしていないのだから、これは“ピンはね”
あなたが、そんな苦労をしているのに、なにもしていない人材派遣会社には、派遣料が入り続けます。

あなたの時給が1,000円だとすると、その度に500円弱程度です。1,500円ならば、700円ほどです。これがあなたがその派遣先にいる限り続きます。

「後のフォローも充実」なんて、どこもただの宣伝文句です。苦情を言おうが、相談を持ちかけようが、「もう少しがんばってくれ」としか返事はしないでしょう。

連中が金額にふさわしいことをやっていると思いますか? 「ばからしい」と思うほうが正常です。

【就業条件明示書に「責任者」が記入されている理由】・辞めるときの交渉相手は派遣先ではな…

人材派遣で、行った初日から辞めたくなる理由

イメージ
TOP職場に入ってから契約期間中の辞め方初日から辞めたくなる理由ダマされて連れてこられた……と分かれば、逃げ出したくなるのは当たり前
私がいた派遣先では、私以外の5人全員が、1日でいなくなりました。派遣先へも人材派遣会社へも連絡はなしです。いわゆる「バックレ」です。

同じ持ち場に来た人は、「昼食に行ってきます」といって、作業服のまま消えました。わずか4時間ほどいただけ、ということになります。

でも、これだけの時間があれば、「ここはおかしい」「求人の内容と違いすぎる」「体が持ちそうにない」「仕事内容から考えて時給が安すぎる」と判断するには十分です。その人には「それでもがまんする」というだけの理由がなかったのでしょう。

【人材派遣には“ダマし”がつきもの】
ネット上を見ても、「まだ1日行っただけですが、派遣を辞めたい」といった話が無数にあります。「まだ1週間ですが……」、「まだ1か月ですが……」ならば、「そこまでは我慢して行ったのか」と思ってしまうぐらいです。

理由は様々でしょう。が、状況としては「様子が分からないまま、あれよあれよと話が運んで、気が付いたら派遣先にいた」は共通するのではないでしょうか。

職場の様子は応募者には分からないようになっています。はっきりいって、わざとそうしています。分かってしまうと、だれも応募しなかったり、辞退者が出るからです。

人材派遣会社が考えていることは、「自分のところが送り込んだ人が、ちゃんと働いてほしい」でありません。「一人でも多く送り込みたい」です。しっかり役に立っていようが、足手まといになっていようが、派遣先から支払われる派遣料金は同じですから。

続きを読む 折りたたむ

【「未経験者OK」なんてただの方便。頭数が欲しいだけ】
そう分かってしまうと、求人広告にある「未経験者OK」とか「だれでもできる簡単な仕事です」は安易に信じてはいけないことが分かってくるでしょう。

では、なぜ、応募者は簡単に引っかかってしまうのでしょうか。

今の時代であれば、どこかに応募する際には、ネットでその勤務先の状況を調べてみるでしょう。よほど小さな会社でない限り何らかの情報は得られます。

が、人材派遣の場合、勤務先(派遣先)の名前は完全に伏せられています。場所も最寄り駅が分かればいい方です。調べようがありません。

これは派遣先の方も分かっていて、悪用さえして…

派遣契約を勝手に更新される。あなたの期間終了はだれにとって痛手か

イメージ
TOP職場に入ってから契約期間中の辞め方期間終了は誰にとって痛手か無断で更新するのは、派遣先のためでも、あなたのためでもなく、営業さん自身のため
少し前までならば、派遣社員の契約更新の問題は、「派遣元は更新するようなことをいっていたのに、時期が来たら切られた」「いつもどおり更新と思っていたら、そうではなかった」というのが多かったように思います。「派遣切り」の一つのパターンです。

が、最近は逆に、「『辞める。契約は更新しない』と伝えてあったのに、勝手に契約が延長されていた」「知らないうちに更新されていた」といった例が増えています。

どちらであっても、「派遣さんたちは、派遣元の都合のいいように扱われている」ということでは変わりありません。

【あなたが辞めると、「派遣先が困る」よりも、本当は「自分の立場が悪くなる」】・あなたは派遣元の“金ヅル”
人材派遣会社や営業さん(担当者)にとって、派遣さんはあまりにおいしい“金ヅル”です。

何しろ、仕事内容をダマして連れてきて、送り込んでおきさえすれば、あとは何をしなくても派遣料金が支払われます。

「就業後のフォローも万全」なんて、宣伝している派遣元もあります。が、その「フォロー」の内容って、具体的に聞いたことがありません。

続きを読む 折りたたむ

・勝手に契約更新する理由
今の状況では、この“金ヅル”をコンスタントに手に入れるのが困難なようです。

1人が契約終了して、それで派遣先も「派遣さんを使うのも、これで終わり」となれば問題は小さいでしょう。

ですが、なかなかそうはなりません。派遣先から「次はいないのか」とせっつかれることになります。あまりに長々と間が空くようならば、派遣先から契約を解除されることにもなりかねません。

【正社員と派遣社員・パート・アルバイトの違いを思い出してみる】・「いなくなったら困る」のは当たり前
相手にだまされるように契約更新する人に多い理由が、「自分がいなくなったら、派遣先が困る」です。

あなたが辞めると、派遣先が困るのは当然です。必要だから、人材派遣を利用していたのですから。

中には、派遣先の指揮命令者や職場の上司(?)から直接「辞めないでくれ」といわれているような人もいます。

・自分の契約について派遣先に話す必要はない
応じる義務はありません。そもそも、派遣先に対し「自分はいつまでの契約である」という話をする必…

「営業さん(人材派遣会社の担当者)が辞めさせてくれない」って……

イメージ
TOP職場に入ってから契約期間中の辞め方営業さんが辞めさせてくれない「ダマして連れてきた」のだから、「ダマして辞めさせない」ぐらいやる
「契約の途中だけど辞めたい」という場合、確かにそれなりの理由は必要でしょう。

「体調が悪い」「契約(就業条件明示書)と仕事の内容が全く違う」などは、十分にこの「それなりの理由」でしょう。

ですが、なかなか営業さん(人材派遣会社の担当者)の方はすんなりと、ウンとはいってくれないようです。

それどころか、「『契約更新はしません』といってあったのに、勝手に更新の手続きをされてしまった」だって珍しくありません。

つまり、派遣さんはこれ以上ないぐらいのまっとうな理由があっても、辞めるのに一苦労なのです。

【いつからダマされているのか考えてみる】・求人内容からして、ウソだったのでは?
まず、思い出しておく必要があるのは、「人材派遣会社も営業さんもウソも平気」ということです。

だいたい、求人広告からして、書いてある仕事内容と実際の仕事内容は一致しません。

「簡単な検査」「だれにでもできる」「未経験者歓迎」「職場の先輩が親切にお教えします」などなど、「実際に行ってみると大違い」ということが当たり前にあります。

続きを読む 折りたたむ

・相手は信頼できるような人間か?
営業さんたちは、驚くほど自分の担当企業のことを知りません。求人広告の仕事内容と、実際がどれだけずれているかも全く興味がありません。

「何でもいいから、適当に書いておく」というのが常態化しています。

派遣先の方でも、「仕事内容は適当に人材派遣会社に伝えて、実際には何をやってもらうかは後から考える」というのが珍しくありません。

両者とも、「ダマして連れてくる」というのに、何のためらいもありません。

【“金ヅル”をつかんだら、後は手間を掛けない】・いてさえくれたら、派遣料金は同じ
ダマして連れてきたら、営業さんが次に考えることは、「いかに手間をかけずに、いつづけさせるか」です。

体調の悪い人が、ふらふら状態で職場にいても関心がありません。役に立っていなくても、職場の嫌われ者になっていても関係ありません。

何しろ、どれだけ仕事のできる人も、できない人も派遣料金(派遣先から派遣元への支払い)は同じ額ですから。

・派遣さんにいちいち取り合わないのが、営業さんの流儀
私が派遣社員として電子部品工場にいた時、「…

ブラックリスト そんなもの人材派遣・バイト・パートにはありえない

イメージ
TOP人材派遣を知る人材派遣の用語ブラックリストブラックリストは、大手業者には個人情報保護法違反。中小は作る能力もない
「バックレをやったら、業者らのブラックリストに載る」

「いくら面接を受けても採用されない。ブラックリストに載ってしまったらしい」

……などなど、ネット上を見ると、人材派遣やバイト関連のネタとして、ブラックリストがよく採り上げられています。

中には、正社員の採用試験や面接をバックレて(無断欠席して)、「ほかの会社にまで採用されなくなった。ブラックリストのせいらしい」なんて悩んでいる人までいます。

このサイト内で何度も書いていますが、「人材派遣・パート・アルバイト、さらには正社員、どの世界にもそんなブラックリストなど存在しません」。もしそんなものを作っていたら、その業者らは個人情報保護法に引っかかります。

【ブラックリストについてのおさらい】・世間でいわれているブラックリスト
「ブラックリスト」とは、最も単純に言えば、「NGの人たちの名簿」でしょう。

これは個人が頭の中で「嫌いなやつら」と名前を挙げていても、一種のブラックリストです。

また、17世紀の英国王・チャールズ二世が作ったという「父・チャールズ一世を死刑台に送った、報復すべき裁判官たちの名簿」というのも、ブラックリストです。この名簿に載った裁判官は後に死刑・終身刑になりました。

続きを読む 折りたたむ

・社内での記録は当然あるが、それはブラックリストというほどのものでない
人材派遣・バイト・パートなどで、「ブラックリスト」と話題にされているのは、2種類あるようです。

ひとつは、「派遣会社やバイト紹介業者が単独で持っていたり、その社内の本社や営業所で共有しているもの」。これは、当然あるでしょう。

ただ、そんなものにわざわざ「ブラックリスト」などと大げさな名前を付けることはありません。これは単に「記録」です。

「バックレたことが記録に残っていて、そのせいでその業者は二度と使ってくれなかった」なんて、そんなのは当たり前の話でしょ?

・問題になるのは、業者間で共有しているもの

もうひとつは「業者間で共有している」とみんなが懸念しているもの。「A派遣会社で1年前にバックレた。その情報がB派遣会社にも伝わっている」なんて話になっているものですね。

正社員の採用試験に落ちまくっているのを「学生時代にバイトをバック…