どんな種類があるのか。禁止されていたのが復活したのはなぜか〜人材派遣を知る

  1. TOP
  2. 人材派遣を知る

かつて「スキルを持った人」、今は「安物の労働者」の人材派遣

【人材派遣と労働者派遣の違いって?】


人材派遣を実施するための法律、「労働者派遣法」ができたのは、昭和61(1986)年です。それまでは禁止されていました。

ちなみに、法律上の言葉遣いではすべて「労働者派遣」です。

「労働者」だと、単に「働く人」の意味でしかありません。どちらかといえば、「あまり特別なスキルもなく、しんどい作業に耐えている人」「だれがやっても変わらないような仕事をしている人」「単純労働者」に近いイメージさえあります。

そこで、業者らが好んで使うのが「人材派遣」です。

「人材」と呼べば、そこには「その人ならではのスキルがある」「その人がいなければ職場が成り立たない」「雇用主側からは重宝されている」といったイメージを与えることができます。

ですが、実態としては、「人材」として扱われているのは、派遣労働者のうちのごく一部でしかありません。


中目次(小分類)
それでも人材派遣会社を利用するなら

「求人内容と実際の仕事内容が違う」などのトラブルは、「どうせその程度のもの」と割り切る


あまりにひどい派遣先に当たったら、法律を使って堂々と退職する。基本となる法律は目を通しておく
非正規(パート・アルバイト、派遣社員)から正社員になるには

非正規雇用は長くは続けない。20代で一度は正社員とならないと、新人教育を受ける機会を逃す


就職サポートは担当者次第。業者の評判がいい悪いには関係なく、ハローワークまで含めて、信頼できそうな担当者を探す

コメント

よく読まれている記事

派遣先を辞めるのに自分を責める必要はない。“ブラックリスト”はないが、バックレはNG

人材派遣で、行った初日から辞めたくなる理由

「使えない派遣社員をやめさせたい」は、だれにいえばいいのか

3直2交代・4勤2休の具体的な勤務スケジュール表と、そのメリット・デメリット

ブラックリスト そんなもの人材派遣・バイト・パートにはありえない