人材派遣のインチキのかたまり、「離島応援ナース」

  1. TOP
  2. 経験からのアドバイス
  3. 派遣社員の働き方
  4. 職場を見にこない担当者
  5. インチキのかたまり、「離島応援ナース」

人材派遣会社はここまであくどい

【離島応援ナースとは】


「離島応援ナース」に直接関係するのは看護師さんだけです。ですが、「人材派遣会社はこのくらいモラルの低い人たちがやっている」ということがよくわかる例なので紹介しておきます。

もちろん、看護師さんは要注意です。

こんな募集を目にしたことはないでしょうか?

「都会の生活で疲れた看護師さん。南の島で短期間働いてみませんか。リフレッシュしますよ」

「病院のすぐそばはビーチ。お休みの日にはマリンスポーツも楽しめます」

リゾート地のホテルなどが、住み込みのスタッフを募集する「リゾートバイト」というのがありますが、その看護師版……といったところです。

都会でも看護師不足は深刻なのですから、地方、それも離島ともなると、看護師集めに必死なのは当然でしょう。

ふしぎなことにこれらの「離島応援ナース」は例外なく……

・期間は最大6か月
・採用の面接を受けに現地に行く必要なし。都会の事務所で採用が決まります

……となっています。

それでも人材派遣会社を利用するなら 「求人内容と実際の仕事内容が違う」などのトラブルは、「どうせその程度のもの」と割り切る あまりにひどい派遣先に当たったら、法律を使って堂々と退職する。基本となる法律は目を通しておく
非正規(パート・アルバイト、派遣社員)から正社員になるには 非正規雇用は長くは続けない。20代で一度は正社員とならないと、新人教育を受ける機会を逃す 就職サポートは担当者次第。業者の評判がいい悪いには関係なく、ハローワークまで含めて、信頼できそうな担当者を探す

コメント

よく読まれている記事

派遣先を辞めるのに自分を責める必要はない。“ブラックリスト”はないが、バックレはNG

人材派遣で、行った初日から辞めたくなる理由

「使えない派遣社員をやめさせたい」は、だれにいえばいいのか

「使えない派遣社員ばかり来る」のは、あなたの会社の無能を反映している

3直2交代・4勤2休の具体的な勤務スケジュール表と、そのメリット・デメリット