当たり前だけども、バイトなどの採用と、正社員の採用試験・面接は全く違う---パート・アルバイトから正社員へのステップ---

  1. TOP
  2. パート・アルバイトからの正社員へのステップ
  3. 応募する
  4. バイトなどの採用と、正社員の採用試験・面接は全く違う

パート・バイトは「指示したとおりにやる人」、人材派遣は「落とすなんてもったいない」、正社員は「将来性」

【パート・アルバイトで求められる人の条件】


パート・アルバイトの面接と、正社員の採用試験・面接では、正社員のほうが単にハードルが高くなったり、時間をかけて慎重にやるだけが違いではありません。

見るところが違います。これは漠然とは予想しているでしょうし、両方の面接を経験した人は、そういう実感もあるでしょう。

では、どのように「見るところが違う」かは理解していますか?

あっさり答えをいってしまうと……

パート・アルバイトの場合は、「指示したことをしっかりとやってくれる人。勝手に判断して、余分なことまでしない人」、正社員の場合は、「長い先の将来にまで渡って、会社に貢献してくれそうな人」

……です。

正社員は簡単にいってしまうと、「将来性」ですね。

ただ、この将来性はいろいろな考え方ができるので、会社ごとにも面接官ごとにも採用基準が異なります。

また、そういっても目先の人手不足のせいで、「だれでもOK」といった会社もあるでしょう。簡単に入社できはしますが、自分もすぐにやめてしまう可能性は高いです。

もちろん、ここまでの話は若い人の場合です。年代が上になれば、「即戦力」として判断されることが多くなります。

それでも人材派遣会社を利用するなら

「求人内容と実際の仕事内容が違う」などのトラブルは、「どうせその程度のもの」と割り切る


あまりにひどい派遣先に当たったら、法律を使って堂々と退職する。基本となる法律は目を通しておく
非正規(パート・アルバイト、派遣社員)から正社員になるには

非正規雇用は長くは続けない。20代で一度は正社員とならないと、新人教育を受ける機会を逃す


就職サポートは担当者次第。業者の評判がいい悪いには関係なく、ハローワークまで含めて、信頼できそうな担当者を探す

コメント

よく読まれている記事

人材派遣で、行った初日から辞めたくなる理由

派遣先を辞めるのに自分を責める必要はない。“ブラックリスト”はないが、バックレはNG

「使えない派遣社員をやめさせたい」は、だれにいえばいいのか

3直2交代・4勤2休の具体的な勤務スケジュール表と、そのメリット・デメリット

「使えない派遣社員ばかり来る」のは、あなたの会社の無能を反映している