福島第一原発事故の収束作業で出くわす可能性のある労働者派遣法違反①

  1. TOP
  2. 労働者側がどんどん不利になるわけ
  3. 人材派遣と国・産業界
  4. 原発収束作業の派遣法違反①

暴力団の関与、ピンはねなど問題続出なのは承知しておくこと


福島第一原発事故の収束作業あるいは除染作業では多くの派遣労働者が送り込まれています。

「暴力団がかかわっている」「給料はものすごいピンはねをされている」といったことが散々話題になっています。

ここでは人材派遣の求人に応じた場合に、この福島原発関連の仕事に行って出くわす可能性のある労働者派遣法違反を考えてみます。

【「人材派遣」「請負」「職業紹介」の区別はつくように】


まず、最初に押さえておくべきことは、「人材派遣(労働者派遣)」「請負」「職業紹介」の違いです。

暴力団、ピンハネだけではなく、放射能の危険性もありながら、応募するぐらいです。まったく余裕もなく求人に応じる人が大半でしょう。これらの区別もほとんどつけていないと思います。

まず、もっともシンプルなのは「職業紹介」です。

この場合は、業者とあなたとのかかわりは、紹介された先で働き始めたときには解消しています。あなたと雇い、給料を出すのも、紹介された先です。

「人材派遣」と「請負」は〝ちゃんとやっていれば〟、雇い主は求人をした業者自身です。給料もここから出ます。

「だれから仕事上の指示を受けるか」がこの両者で異なります。人材派遣では「派遣先」です。「請負」ならば送られた先の人ではなく、「請負業者」です。つまり、求人を出し、あなたを雇った業者です。

それでも人材派遣会社を利用するなら

「求人内容と実際の仕事内容が違う」などのトラブルは、「どうせその程度のもの」と割り切る


あまりにひどい派遣先に当たったら、法律を使って堂々と退職する。基本となる法律は目を通しておく
非正規(パート・アルバイト、派遣社員)から正社員になるには

非正規雇用は長くは続けない。20代で一度は正社員とならないと、新人教育を受ける機会を逃す


就職サポートは担当者次第。業者の評判がいい悪いには関係なく、ハローワークまで含めて、信頼できそうな担当者を探す

コメント

よく読まれている記事

派遣先を辞めるのに自分を責める必要はない。“ブラックリスト”はないが、バックレはNG

人材派遣で、行った初日から辞めたくなる理由

「使えない派遣社員をやめさせたい」は、だれにいえばいいのか

3直2交代・4勤2休の具体的な勤務スケジュール表と、そのメリット・デメリット

ブラックリスト そんなもの人材派遣・バイト・パートにはありえない