大手人材派遣会社② アデコ

  1. TOP
  2. 職場に入るまで
  3. 求人広告のチェックの仕方
  4. アデコ

求人時・契約時と実際の仕事内容が違う常習犯。4年間の業務改善命令を受ける


試しにここのホームページの求人欄で、「派遣」&「製造・物流・軽作業系」で検索してみました。

「営業事務、その他軽作業」「車両製造現場での在庫管理」「メーカーでの包装・梱包作業」「素材メーカーでの検査業務」「組立・出荷の補助作業」……といった比率がやたら高いです。

これから登録を考えている人は、「軽作業のところに限って、派遣労働者が必要なのだろうか」とか、「重労働要員の必要なところはどうしているのだろう」と、考えてみることをお勧めします。

【経営規模】


本社はスイスにあります。ホームページには、「60を超える国と地域に5,400拠点」「Adecco社員32,000名、登録就業者700,000名」としています。

日本では「Adecco社員2,500名、登録就業者35,000名」。

売上高は、発表されている各社ごとグループで見たり、紹介事業まで含んでいたりで、比較しにくいのですが、、スタッフサービス、テンプスタッフに次ぐレベルと考えていいでしょう。

それでも人材派遣会社を利用するなら

「求人内容と実際の仕事内容が違う」などのトラブルは、「どうせその程度のもの」と割り切る


あまりにひどい派遣先に当たったら、法律を使って堂々と退職する。基本となる法律は目を通しておく
非正規(パート・アルバイト、派遣社員)から正社員になるには

非正規雇用は長くは続けない。20代で一度は正社員とならないと、新人教育を受ける機会を逃す


就職サポートは担当者次第。業者の評判がいい悪いには関係なく、ハローワークまで含めて、信頼できそうな担当者を探す

コメント

よく読まれている記事

派遣先を辞めるのに自分を責める必要はない。“ブラックリスト”はないが、バックレはNG

人材派遣で、行った初日から辞めたくなる理由

「使えない派遣社員をやめさせたい」は、だれにいえばいいのか

3直2交代・4勤2休の具体的な勤務スケジュール表と、そのメリット・デメリット

ブラックリスト そんなもの人材派遣・バイト・パートにはありえない